傑作ゴミアート!バッドアートギャラリーで見た見苦しい絵画51作品

. 2019-02-15 .


2019年早々、ゴミアートが集結した展覧会「バッドアートギャラリー (Bad Art Gallery)」がボストンから上陸したと聞いたので、お金を払って素人が描いた酷い絵を見るために東京ドームまで行ってきました


スポンサー



ゴミにもコンセプトがある!バッドアートの定義とは?


『緑の目』 / キューバ産
バッドアートといえど、適当に下手に書けばバッドアートになりえるかと言ったらそうではなく、作品が以下のコンセプトに沿っている必要があります

👉「何か」を伝えようと真剣に作られた芸術作品であること
👉構想や制作の過程でその「何か」が致命的にズレてしまっていること
👉結果として出来上がった作品が人を惹きつける「何か」を持っていること

とはいえ、実際に鑑賞してみると真剣さが微塵も感じられないような作品が多々あるので、この3つのルールに忠実に従っている必要はないですね


バッドアートギャラリーのゴミみたいな絵画51選



以下、永久保存版です
"酷すぎて目がそらせない"究極のバッドアートをご覧ください
※作者不詳が多数、絵のタイトルもこだわりが見られないので作品の詳細は載せません























































上の一番最後の絵はピカソみたいで個人的には気に入りました。全部が全部バッドアートではないのが良かったです。800作品展示されている中で、3割くらいはヌード作品だったのでこちらには載せませんでした。広告止められたら嫌なので!


おわりに


ゴミアートの中にも一見普通に見えたり、ものすごく芸術的センスが高いのもあり、素人の作品とはいえ意外と楽しめたと思います。また、展示会には無駄に警備員が3人も付いていて鼻で笑ってしまいました。見に来ている人たちも個性が強めな人が多くて面白かったです

ゴミアートの魅力にはまってしまった方は本場のボストンに所在するMOBA(Museum of Bad Art)の公式ページもチェックしてみてはいかがでしょうか

スポンサー







2019年早々、ゴミアートが集結した展覧会「バッドアートギャラリー (Bad Art Gallery)」がボストンから上陸したと聞いたので、お金を払って素人が描いた酷い絵を見るために東京ドームまで行ってきました


スポンサー



ゴミにもコンセプトがある!バッドアートの定義とは?


『緑の目』 / キューバ産
バッドアートといえど、適当に下手に書けばバッドアートになりえるかと言ったらそうではなく、作品が以下のコンセプトに沿っている必要があります

👉「何か」を伝えようと真剣に作られた芸術作品であること
👉構想や制作の過程でその「何か」が致命的にズレてしまっていること
👉結果として出来上がった作品が人を惹きつける「何か」を持っていること

とはいえ、実際に鑑賞してみると真剣さが微塵も感じられないような作品が多々あるので、この3つのルールに忠実に従っている必要はないですね


バッドアートギャラリーのゴミみたいな絵画51選



以下、永久保存版です
"酷すぎて目がそらせない"究極のバッドアートをご覧ください
※作者不詳が多数、絵のタイトルもこだわりが見られないので作品の詳細は載せません























































上の一番最後の絵はピカソみたいで個人的には気に入りました。全部が全部バッドアートではないのが良かったです。800作品展示されている中で、3割くらいはヌード作品だったのでこちらには載せませんでした。広告止められたら嫌なので!


おわりに


ゴミアートの中にも一見普通に見えたり、ものすごく芸術的センスが高いのもあり、素人の作品とはいえ意外と楽しめたと思います。また、展示会には無駄に警備員が3人も付いていて鼻で笑ってしまいました。見に来ている人たちも個性が強めな人が多くて面白かったです

ゴミアートの魅力にはまってしまった方は本場のボストンに所在するMOBA(Museum of Bad Art)の公式ページもチェックしてみてはいかがでしょうか

スポンサー





newer older ホーム