ホワイトニング効果検証!チャコールパウダーを4ヶ月で使いきった結果

. 2018-09-27 .

ホワイトニング効果が期待できると話題になっている「アクティベーティッド・チャコール・パウダー」。今回はAMAZONで高評価が多く、かつ価格が1000円前後とリーズナブルな歯磨きパウダーを毎日欠かさず使い続けて、4ヶ月で使い切ったので検証結果を報告します。歯を削るリスクがある研磨剤なしでホワイトニングが出来るということで魅力に感じている方が多いと思います。購入検討の方は一度コミットする前にぜひ参考にしてみてください

スポンサー


Dr.オーラルのホワイトニングパウダーを使った感想



Amazonでは様々な種類のホワイトニングパウダーが出てきますが、その中でも私が使ったのは星4を超える高レビューでLuckygirlというブランドのものです


それでは、使ってみたリアルな感想をお伝えしながら検証結果にせまっていきたいと思います。まずは検証前の私の歯がこちら↓


写真から見ても明らかですがサイドを中心に黄ばんでいるのがお分かりいただけると思います。これがコンプレックスでして、黄ばんだサイドを中心に4ヶ月間磨いていきました。最初は炭で歯を磨くのに抵抗がありましたが、いざ使ってみると味がおいしくてハマっちゃいました


〈効果的にチャコール・パウダーを使うための4つのコツ〉


👉歯ブラシは毛がたくさん詰まった平らなものをつかう

ora2の「やわらかめ」がオススメです。スカスカで毛の1本1本が太い歯ブラシだとパウダーが全然歯に均等につかないので、効率的に磨けないですしホワイトニングの効果が出にくくなると思いますので要注意です。歯ブラシ選びは意外と重要です


👉パウダーはたっぷりつけてまんべんなく歯に付着させる

粉でヘッドが隠れるくらい、濡らしたブラシをずっぽり粉に埋めてヘッドにのせた方が磨き心地も洗い上がりも良いです。この商品に限らずチャコール・パウダーはどれも1人で使うのであればざっと半年分くらいの量なので、毎日たくさん使っても全然減りません!


👉白くなりたいからと言ってゴシゴシ強く磨かない

いつもの歯磨き粉での歯ブラシより少し短めで2分程度磨けば十分です。下手に長い時間磨いていても歯が傷つくだけですので適切な時間配分で磨くようにしてください。天然成分100%ではあるものの、歯に全く負担をかけないわけではありません


👉すすぎは念入りに5回以上する

5,6回しっかり口をゆすいでも歯と歯茎のすきまや歯間にはどうしても黒ずみが残ってしまうので外出前に使うのはおすすめできません。歯茎にべったり付いた場合は指で拭き取ればOKですが、歯茎の付け根付近に付いた黒ずみは無理矢理落とそうとするのは歯茎を傷つけるリスクがあるのでおやめください。すすぎが甘いと水が黒くなって、少し飲んだだけでも炭の味が残ります


4ヵ月ホワイトニングに取り組んだ結果がこちら




光の加減などもありますが、始める前より再度の黄ばみが気にならなくなりました

白くなったというより黄ばみが取れてきたという実感です。未だに黄ばみはあるものの、以前と比べたら目立たなくなったかなと思える程度ですね

こう画像で見ると少し白くなったかな?という気がしますが、光の加減などを考慮してもあまり色味は変わらなかったかなというのが正直な感想です。毎日歯を見ているので自分ではあまり気づかないのかと思い、家族や友人など複数名に歯の色の変化を聞いたところ、「普通に白い」と言われたので使う前よりはちゃんと白くなっているはずです


〈チャコールパウダーの本当の効果とは〉


よくある商品ページにあるモニター写真ですが、明らかにビフォーアフターで効果が抜群に発揮されている画像はほぼ100%加工だと思っていただいていいと思います


ただ、AMAZONに限らずチャコールパウダーで歯が白くなったと多くの人が評価しているのも事実です。実際に4ヵ月近く実践してみた私が感じたチャコールパウダーの効果は、白くなるのではなく黄ばみを抑えていることにあると思います

黄ばんだ人の歯というのは歯の色味がイエローまたはブラウンベースになっています。そこに真っ黒のチャコールパウダーを全体になじませることでイエローベースがブルーベースに変わります。そのおかげで歯の黄ばみがそこそこ目立たなくなるというわけです。まあ、一種の錯覚でしょうか

1度試しただけのユーザーが多数歯が白くなったと声を上げているのでどのメーカーも品薄になるほど売れているのだと推測します。とはいえ、このチャコールパウダーのすごい点は瞬時に歯の全体にいきわたるのと磨いた後の"ブルーベース"が5時間ほど持続することです。デートの日やプレゼンの日などのなにか特別なイベントがある日には朝早めに起きてケアしておくと気休めになるかもしれません

もちろん使用後にナポリタンやカレーなどガッツリしたものを食べたら磨いた直後は「悪くないかも」と思っても翌日また磨くときには元の歯の色にもどっているのが使っていくうちに気づきました。もともとの黄ばみがさほど強くない方は私のようにあまり明白な効果は出ませんが、逆にタバコのヤニが気になる方やコーヒー飲みすぎで着色してしまっている方には目に見えたホワイトニング効果が長くは続かないものの期待できそうです


1つチャコールパウダーのデメリットを挙げるならば、掃除が大変なことです。シンクの掃除がめんどくさくなるので、私はキッチンのシンクで手鏡を持って汚れないよう対策していますが、炭に抵抗がある方や黒く汚れるのは嫌という方は、入荷後いつもすぐに売り切れてしまう人気のホワイトニングパウダーを代わりに使ってみるといいかもしれません


Dr.オーラル ホワイトニングパウダー 26g 天然アパタイト40%配合


おわりに



ホワイトニングのブームは今や魔法の粉にあります。一昔前はメラニンスポンジみたいなのでこすり落としたり、マグネットのペンのようなもので汚れを削り落とすといった歯にいかにも悪そうなやり方しかなかったのですが、パウダーは歯に優しくホワイトニングできるという点で非常に画期的だと思います。コスパがかなりいいので次のパウダーも炭にします

スポンサー






ホワイトニング効果が期待できると話題になっている「アクティベーティッド・チャコール・パウダー」。今回はAMAZONで高評価が多く、かつ価格が1000円前後とリーズナブルな歯磨きパウダーを毎日欠かさず使い続けて、4ヶ月で使い切ったので検証結果を報告します。歯を削るリスクがある研磨剤なしでホワイトニングが出来るということで魅力に感じている方が多いと思います。購入検討の方は一度コミットする前にぜひ参考にしてみてください

スポンサー


Dr.オーラルのホワイトニングパウダーを使った感想



Amazonでは様々な種類のホワイトニングパウダーが出てきますが、その中でも私が使ったのは星4を超える高レビューでLuckygirlというブランドのものです


それでは、使ってみたリアルな感想をお伝えしながら検証結果にせまっていきたいと思います。まずは検証前の私の歯がこちら↓


写真から見ても明らかですがサイドを中心に黄ばんでいるのがお分かりいただけると思います。これがコンプレックスでして、黄ばんだサイドを中心に4ヶ月間磨いていきました。最初は炭で歯を磨くのに抵抗がありましたが、いざ使ってみると味がおいしくてハマっちゃいました


〈効果的にチャコール・パウダーを使うための4つのコツ〉


👉歯ブラシは毛がたくさん詰まった平らなものをつかう

ora2の「やわらかめ」がオススメです。スカスカで毛の1本1本が太い歯ブラシだとパウダーが全然歯に均等につかないので、効率的に磨けないですしホワイトニングの効果が出にくくなると思いますので要注意です。歯ブラシ選びは意外と重要です


👉パウダーはたっぷりつけてまんべんなく歯に付着させる

粉でヘッドが隠れるくらい、濡らしたブラシをずっぽり粉に埋めてヘッドにのせた方が磨き心地も洗い上がりも良いです。この商品に限らずチャコール・パウダーはどれも1人で使うのであればざっと半年分くらいの量なので、毎日たくさん使っても全然減りません!


👉白くなりたいからと言ってゴシゴシ強く磨かない

いつもの歯磨き粉での歯ブラシより少し短めで2分程度磨けば十分です。下手に長い時間磨いていても歯が傷つくだけですので適切な時間配分で磨くようにしてください。天然成分100%ではあるものの、歯に全く負担をかけないわけではありません


👉すすぎは念入りに5回以上する

5,6回しっかり口をゆすいでも歯と歯茎のすきまや歯間にはどうしても黒ずみが残ってしまうので外出前に使うのはおすすめできません。歯茎にべったり付いた場合は指で拭き取ればOKですが、歯茎の付け根付近に付いた黒ずみは無理矢理落とそうとするのは歯茎を傷つけるリスクがあるのでおやめください。すすぎが甘いと水が黒くなって、少し飲んだだけでも炭の味が残ります


4ヵ月ホワイトニングに取り組んだ結果がこちら




光の加減などもありますが、始める前より再度の黄ばみが気にならなくなりました

白くなったというより黄ばみが取れてきたという実感です。未だに黄ばみはあるものの、以前と比べたら目立たなくなったかなと思える程度ですね

こう画像で見ると少し白くなったかな?という気がしますが、光の加減などを考慮してもあまり色味は変わらなかったかなというのが正直な感想です。毎日歯を見ているので自分ではあまり気づかないのかと思い、家族や友人など複数名に歯の色の変化を聞いたところ、「普通に白い」と言われたので使う前よりはちゃんと白くなっているはずです


〈チャコールパウダーの本当の効果とは〉


よくある商品ページにあるモニター写真ですが、明らかにビフォーアフターで効果が抜群に発揮されている画像はほぼ100%加工だと思っていただいていいと思います


ただ、AMAZONに限らずチャコールパウダーで歯が白くなったと多くの人が評価しているのも事実です。実際に4ヵ月近く実践してみた私が感じたチャコールパウダーの効果は、白くなるのではなく黄ばみを抑えていることにあると思います

黄ばんだ人の歯というのは歯の色味がイエローまたはブラウンベースになっています。そこに真っ黒のチャコールパウダーを全体になじませることでイエローベースがブルーベースに変わります。そのおかげで歯の黄ばみがそこそこ目立たなくなるというわけです。まあ、一種の錯覚でしょうか

1度試しただけのユーザーが多数歯が白くなったと声を上げているのでどのメーカーも品薄になるほど売れているのだと推測します。とはいえ、このチャコールパウダーのすごい点は瞬時に歯の全体にいきわたるのと磨いた後の"ブルーベース"が5時間ほど持続することです。デートの日やプレゼンの日などのなにか特別なイベントがある日には朝早めに起きてケアしておくと気休めになるかもしれません

もちろん使用後にナポリタンやカレーなどガッツリしたものを食べたら磨いた直後は「悪くないかも」と思っても翌日また磨くときには元の歯の色にもどっているのが使っていくうちに気づきました。もともとの黄ばみがさほど強くない方は私のようにあまり明白な効果は出ませんが、逆にタバコのヤニが気になる方やコーヒー飲みすぎで着色してしまっている方には目に見えたホワイトニング効果が長くは続かないものの期待できそうです


1つチャコールパウダーのデメリットを挙げるならば、掃除が大変なことです。シンクの掃除がめんどくさくなるので、私はキッチンのシンクで手鏡を持って汚れないよう対策していますが、炭に抵抗がある方や黒く汚れるのは嫌という方は、入荷後いつもすぐに売り切れてしまう人気のホワイトニングパウダーを代わりに使ってみるといいかもしれません


Dr.オーラル ホワイトニングパウダー 26g 天然アパタイト40%配合


おわりに



ホワイトニングのブームは今や魔法の粉にあります。一昔前はメラニンスポンジみたいなのでこすり落としたり、マグネットのペンのようなもので汚れを削り落とすといった歯にいかにも悪そうなやり方しかなかったのですが、パウダーは歯に優しくホワイトニングできるという点で非常に画期的だと思います。コスパがかなりいいので次のパウダーも炭にします

スポンサー





newer older ホーム