バッドガイ 反抗期の中年男の感想と評価 : スラングだらけの知的なコメディ

. 2018-06-12 .


海外からの評価 : ★★★★★★★(6.7/10)
タイトル : バッドガイ 反抗期の中年男 (Bad Words)
主演 : ジェイソン・ベイトマン
ジャンル : ドラマ、コメディ
公開年 : 2014年
放映時間 : 89分


ストーリー&作品紹介 〈ネタバレなし〉



ストーリーの流れとしては、40代の男(ジェイソン・ベイトマン)が小学生しか参加できないはずのスペリング・コンテストに参加して、9歳の男の子と仲良くなるという内容です

スペリング・コンテストとはアメリカで行われる聞いたこともない難しい英単語を定義や語源から推測してスペルを言い当てるという大会です。海外ではSpelling Beeと呼ばれます



via GIPHY


本作はハートフルコメディと言った具合で、コメディではあるものの爆笑できるというよりかは終始ほほえましい感じで見てられる作品です。過激なシーンは特にないですかね。小学生の男の子を大人にさせるためにストリッパーを雇うシーンはありますが、子どもに見せられないほど過激というわけではありません

90分以内という時間の短さなのでサクッと見れるのがポイントです。次の日会社や仕事があるという人でも楽しめるのではないでしょうか。良い意味で頭を使わず、世界観に引き込んでくるような作品ではないのでスマホで仕事しながら、ご飯食べながら、家事しながら適当に見れます。感情移入させない作品は疲れなくて個人的には好きです。以後、ネタバレあるので要注意!



映画 : バッドガイ 反抗期の中年男の感想と評価 ≪ネタバレあり≫



個人的な評価 : ★★★★★(5/10)


この作品、それほど良くできた映画というわけでもないのにIMDbでは約星7つとコメディというジャンルの中ではすごく評価が高いのです

というのも、舞台がスペリング・コンテストというだけあって難しい単語やフレーズを使って知的に笑いをとるような作品なのでネイティブスピーカーでもない限り、言葉の面白さを100%理解するのは困難なのです

出てきたNGワードや放送禁止用語を何回も聞き直したりしましたが、いまいち面白さがわからないところがいくつかありました。くやしい!


海外在住の人や英語バリバリにできる人には、きっとすごく笑える作品だと思います。初めて聞いた"sh*t-kicking"などの罵り言葉もあったのでインプット不足を痛感しました。マイナーなスラング知っているよという人はぜひ私にメッセージください



おわりに



ほっこりした気持ちで観れた作品でしたが、ジェイソン・ベイトマンの出演作品の中ではあまり面白くない方に入るのかな...。彼の本領が発揮されてなかった感じがしました。劇的な映画ではなく、ラフに観たいのであれば本作はおすすめです



海外からの評価 : ★★★★★★★(6.7/10)
タイトル : バッドガイ 反抗期の中年男 (Bad Words)
主演 : ジェイソン・ベイトマン
ジャンル : ドラマ、コメディ
公開年 : 2014年
放映時間 : 89分


ストーリー&作品紹介 〈ネタバレなし〉



ストーリーの流れとしては、40代の男(ジェイソン・ベイトマン)が小学生しか参加できないはずのスペリング・コンテストに参加して、9歳の男の子と仲良くなるという内容です

スペリング・コンテストとはアメリカで行われる聞いたこともない難しい英単語を定義や語源から推測してスペルを言い当てるという大会です。海外ではSpelling Beeと呼ばれます



via GIPHY


本作はハートフルコメディと言った具合で、コメディではあるものの爆笑できるというよりかは終始ほほえましい感じで見てられる作品です。過激なシーンは特にないですかね。小学生の男の子を大人にさせるためにストリッパーを雇うシーンはありますが、子どもに見せられないほど過激というわけではありません

90分以内という時間の短さなのでサクッと見れるのがポイントです。次の日会社や仕事があるという人でも楽しめるのではないでしょうか。良い意味で頭を使わず、世界観に引き込んでくるような作品ではないのでスマホで仕事しながら、ご飯食べながら、家事しながら適当に見れます。感情移入させない作品は疲れなくて個人的には好きです。以後、ネタバレあるので要注意!



映画 : バッドガイ 反抗期の中年男の感想と評価 ≪ネタバレあり≫



個人的な評価 : ★★★★★(5/10)


この作品、それほど良くできた映画というわけでもないのにIMDbでは約星7つとコメディというジャンルの中ではすごく評価が高いのです

というのも、舞台がスペリング・コンテストというだけあって難しい単語やフレーズを使って知的に笑いをとるような作品なのでネイティブスピーカーでもない限り、言葉の面白さを100%理解するのは困難なのです

出てきたNGワードや放送禁止用語を何回も聞き直したりしましたが、いまいち面白さがわからないところがいくつかありました。くやしい!


海外在住の人や英語バリバリにできる人には、きっとすごく笑える作品だと思います。初めて聞いた"sh*t-kicking"などの罵り言葉もあったのでインプット不足を痛感しました。マイナーなスラング知っているよという人はぜひ私にメッセージください



おわりに



ほっこりした気持ちで観れた作品でしたが、ジェイソン・ベイトマンの出演作品の中ではあまり面白くない方に入るのかな...。彼の本領が発揮されてなかった感じがしました。劇的な映画ではなく、ラフに観たいのであれば本作はおすすめです

newer older ホーム