ラフ・ナイトの感想と評価:一線越えた独身最後のガールズナイト!

. 2018-05-24 .


海外からの評価 : ★★★★★(5.2/10)
タイトル : ラフ・ナイト 史上最悪の独身さよならパーティー(Rough Night)
主演 : スカーレット・ヨハンソン、ゾー・クラビッツ
ジャンル : コメディ
公開年 : 2017
放映時間 : 101分
撮影地 : ニューヨーク
📫1作88円の宅配レンタルで見る
スポンサー


話の流れ&作品紹介〈ネタバレなし〉



『ラフ・ナイト』の話の流れを簡単にまとめると、フロリダで女友達が騒ぎすぎて人殺しちゃって始末の方法に奮闘する話です。終始ふざけたストーリーなので完全なコメディですね。特にショッキングなシーンやバイオレンスシーンなどはなく、金曜の夜に友人と見るのにオススメで、男でも女でも笑える内容になっています。100分という短さなので、平日夜に1人でサクッと見ても普通に楽しめる作品じゃないでしょうか。私は夜中に1人で観ましたが、何回か大声で笑ってしまいました

主演のスカーレット・ヨハンソン(以後スカヨハ)、彼女はおもしろいキャラではないので周りのコメディ女優陣たちが笑わせてくれました。スカヨハは本当に作品に恵まれていると思う。彼女の作品はほとんど見てきましたが、ジャンルにかかわらず大抵外れません。そして、シークレットゲストになんと大女優デミ・ムーア!!単なるカメオ出演ではないので、ありがたいことに3回くらい登場しています


via GIPHY

チャーリーズ・エンジェルを見て初めて知ったデミ・ムーア。本作では色気むんむんのスペイン人夫婦役で出てきますが、登場したときからトップレス。もちろん裸は映しません!レニー・クラヴィッツの娘、ゾー・クラヴィッツとその夫婦が夜の海辺で絡むシーンが短いですが、いろいろな意味で1番の見どころです。デミの美しさに、見ながらゾーにちょっと嫉妬してしまいました。私もデミ・ムーアにキスされたい人生だった以後、ネタバレあるのでまだ見てない人は要注意↓


映画:ラフ・ナイトを見た感想と評価≪ネタバレあり≫



個人的な評価 : ★★★★★★(6/10)

こういう類の日本の映画館では上映されないようなB級コメディっておもしろくないのは本当に最初から最後までつまらなかったりするんですよね。例えば、ダコタ・ジョンソン主演の"How To Be Single"がそう。邦題は『ワタシが私をみつけるまで』が良い例。
by カエレバ
意図的に笑わせようとしているのが見え見えで全然おもしろくない作品が多いのですが、本作ラフ・ナイトは単純にキャストがファンキーすぎて最高でした。もう1回見たいくらい好きな作品です。ただ、ところどころ冷静に考えるとちょっと度を越したシーンがありましたね。ほとんどの人がおそらく引いたであろうシーンは、死体が波に流されてもどってきたときに隣人の夫婦が来ちゃって、状況をごまかすためにキウイが死体に乗っかって激しくキスしてたやつです。一応お笑いのはずなんですが...

それと、すごく「身近にいる人物であるある」だったシーンがあります。アクシデントで男が死んでしまって、全員放心状態になりながらも、解決に向けて話し合っている大事なときにスカヨハが恋人から来た電話にすかさず出たところです。割と深刻な状況なのにもかかわらず、彼氏・彼女の電話はなにがなんでも絶対に出る人間身近にいませんか?現実にこういう空気の読めない人少なからず見てきたので、このシーンだけはイラッとして、スマホ取りあげられて地面にたたき割られているの見てスカッとしました。私だけでしょうか




おわりに



ラフ・ナイト好きな人にオススメのコメディ作品はメジャーなものだと女版『ゴーストバスターズ』で、ちょっとマイナーなものだと『マスターマインズ』あたりですかね。どちらともコメディに特化した俳優で固められています。コメディに関しては監督よりもキャストで判断した方が案外外れることはない気がします


iTunesでみる

ラフ・ナイト 史上最悪の独身さよならパーティー (字幕版)
by カエレバ



海外からの評価 : ★★★★★(5.2/10)
タイトル : ラフ・ナイト 史上最悪の独身さよならパーティー(Rough Night)
主演 : スカーレット・ヨハンソン、ゾー・クラビッツ
ジャンル : コメディ
公開年 : 2017
放映時間 : 101分
撮影地 : ニューヨーク
📫1作88円の宅配レンタルで見る
スポンサー


話の流れ&作品紹介〈ネタバレなし〉



『ラフ・ナイト』の話の流れを簡単にまとめると、フロリダで女友達が騒ぎすぎて人殺しちゃって始末の方法に奮闘する話です。終始ふざけたストーリーなので完全なコメディですね。特にショッキングなシーンやバイオレンスシーンなどはなく、金曜の夜に友人と見るのにオススメで、男でも女でも笑える内容になっています。100分という短さなので、平日夜に1人でサクッと見ても普通に楽しめる作品じゃないでしょうか。私は夜中に1人で観ましたが、何回か大声で笑ってしまいました

主演のスカーレット・ヨハンソン(以後スカヨハ)、彼女はおもしろいキャラではないので周りのコメディ女優陣たちが笑わせてくれました。スカヨハは本当に作品に恵まれていると思う。彼女の作品はほとんど見てきましたが、ジャンルにかかわらず大抵外れません。そして、シークレットゲストになんと大女優デミ・ムーア!!単なるカメオ出演ではないので、ありがたいことに3回くらい登場しています


via GIPHY

チャーリーズ・エンジェルを見て初めて知ったデミ・ムーア。本作では色気むんむんのスペイン人夫婦役で出てきますが、登場したときからトップレス。もちろん裸は映しません!レニー・クラヴィッツの娘、ゾー・クラヴィッツとその夫婦が夜の海辺で絡むシーンが短いですが、いろいろな意味で1番の見どころです。デミの美しさに、見ながらゾーにちょっと嫉妬してしまいました。私もデミ・ムーアにキスされたい人生だった以後、ネタバレあるのでまだ見てない人は要注意↓


映画:ラフ・ナイトを見た感想と評価≪ネタバレあり≫



個人的な評価 : ★★★★★★(6/10)

こういう類の日本の映画館では上映されないようなB級コメディっておもしろくないのは本当に最初から最後までつまらなかったりするんですよね。例えば、ダコタ・ジョンソン主演の"How To Be Single"がそう。邦題は『ワタシが私をみつけるまで』が良い例。
by カエレバ
意図的に笑わせようとしているのが見え見えで全然おもしろくない作品が多いのですが、本作ラフ・ナイトは単純にキャストがファンキーすぎて最高でした。もう1回見たいくらい好きな作品です。ただ、ところどころ冷静に考えるとちょっと度を越したシーンがありましたね。ほとんどの人がおそらく引いたであろうシーンは、死体が波に流されてもどってきたときに隣人の夫婦が来ちゃって、状況をごまかすためにキウイが死体に乗っかって激しくキスしてたやつです。一応お笑いのはずなんですが...

それと、すごく「身近にいる人物であるある」だったシーンがあります。アクシデントで男が死んでしまって、全員放心状態になりながらも、解決に向けて話し合っている大事なときにスカヨハが恋人から来た電話にすかさず出たところです。割と深刻な状況なのにもかかわらず、彼氏・彼女の電話はなにがなんでも絶対に出る人間身近にいませんか?現実にこういう空気の読めない人少なからず見てきたので、このシーンだけはイラッとして、スマホ取りあげられて地面にたたき割られているの見てスカッとしました。私だけでしょうか




おわりに



ラフ・ナイト好きな人にオススメのコメディ作品はメジャーなものだと女版『ゴーストバスターズ』で、ちょっとマイナーなものだと『マスターマインズ』あたりですかね。どちらともコメディに特化した俳優で固められています。コメディに関しては監督よりもキャストで判断した方が案外外れることはない気がします


iTunesでみる

ラフ・ナイト 史上最悪の独身さよならパーティー (字幕版)
by カエレバ

newer older ホーム