NEW ARTICLES

SNSホラー!2018年だからこそ見てほしい映画『ザ・サークル』



IMDb評価 : ☆☆☆☆☆(5.3/10)
タイトル:ザ・サークル / The Circle
監督 : ジェームズ・ポンソルト
主演 : エマ・ワトソン、トム・ハンクス
ジャンル : テクノロジーサスペンス
製作国 : アメリカ
公開日 : 2017. 4.28
放映時間 : 110分
撮影地 : カリフォルニア

話の流れ / Storyline


SNSの勢力が増し、小型カメラの発展が引き起こした監視社会の末路を描いています。エマが新入社員、トムが会社のCEOといった関係です。人々の生活がフェイスブック&グーグルに占領され、個人のプライバシーが極度に侵されることの恐怖を表しています。何十億人の個人情報を抱えるフェイスブックやグーグルなどのソーシャルネットワーク企業批判を目的とした作品です。ジャンルはサスペンスにしましたが、ハラハラするシーンはほぼ皆無でどちらかというと"引いた"シーンが多かったです。ちなみに本作のキャッチコピーは

Knowing is good but knowing everything is better.

なのですが日本語版だと「いいね!のために生きている」と本作の内容をまるで無視したかのような軽々しい印象を与えるキャッチコピーに違和感を感じました。このキャッチコピーを考えた人は実際に映画を見ていないのがバレバレです。「世界中があなたを見ている」の方がまだストーリーにマッチしています(私が勝手に考えました)。SNSを題材にした作品ではありますが、ターゲットオーディエンスは20代~50代という具合で決して10代の若い子向けに作られてはいません。SNSマーケティング、テクノロジーの発展、フューチャリストとなどに興味がある大人向けの作品です

映画批評&作品解説〈ネタバレ注意〉


個人的な評価 : ★★★★★★(6/10)

感想としては、終始眠くなることもなくおもしろかったです。SNSで人々の生活を常にチェックしている世代を批判するかのように極端に監視された社会がバカらしくもリアリティーがありました。すごく性能が良さそうなドローンが何回か出てきましたが、あれはCGでしょうか。あまりにきれいに動くので本物かどうか見分けがつきませんでした

映像的な視点から分析すると、カメラワークがストーリー性を弱めていると感じました。せっかくテクノロジーの脅威を語る奥が深いストーリーなのに、エマ・ワトソンの顔を映しすぎ!横顔や振り向きざまを何度もクローズアップで映していたのが気になりました。おそらくストーリーの矛盾や構想の穴(plot hole)を美しいエマの顔でまぎらわす作戦だったと予想します。そしてタイの地下倉庫についてサントスの陰謀について、もう少し深堀りした方が作品の奥深さが増したと思う。以下から特にネタバレあり
また、エマのスピーチで「監視することは他人の体験を奪っている」と指摘したにもかかわらず、24時間自身の身の回りにカメラを設置して発信することを公言していたのが理解できませんでした。あれは、おそらく上層部であるトムの指示に逆らえなかった(父の病を会社がサポートしてくれているため)から、彼女には選択の余地がなく家族や友人が離れていくリスクを冒してまでプライバシーを売ったのでしょう。一種のパワハラだったのか

演技については一流のトム・ハンクスが怖いくらい役にはまっていました。いかにも大企業のCEOというふるまいで、スピーチもTEDに出てくるような専門家たちより上手で、あんな穏やかな顔をしているのに役に入るとどこかブラックな一面を持つ複雑な演技の仕方がすごかったです。エマ・ワトソンも新人から企業の重役になるまでエスカレートしていく様子を見事に演じ切っていました。ただ、彼女は権力がある役はあまり似合わないので会社の人気者という立ち位置で終わらせたのは制作サイドの賢明な判断だったと思います
Embed from Getty Images

映画を見た素直な感想は作品の「SNSに飲みこまれるな」というメッセージ性は良いですが、ストーリーテリングが少々現実離れしているので作品に感情移入しづらい点が残念でした。多くの人がIMDbで本作を悪く言っている原因はこれです。街中にそこらじゅうオンライン小型カメラが設置されている社会はまだわかるとして、世界中の人が四六時中他人の生活をのぞいているかと言ったら違うと思います。また、犯罪者をたった10分で割り当てるシーンや友人と会社でもめているときに目の前で多くの社内の人間から動画を撮られているシーンも現実的にありえなさすぎてお笑い映画になっていた部分もありました

ただ、上層部のミーティングでエマが言っていた通りグーグルやフェイスブックアカウントでパーキングチケットが支払える時代は割とすぐに来ると思います。Uberなんかがグーグルアカウントでアクセスできるようになれば、グーグルでタクシーが乗れる時代になるわけですから

おわりに


長年エマ・ワトソンのファンですが『ブリングリング』や『ウォールフラワー』の頃に比べたら演技力が格段と上がっていて感動しました。いつかオスカーを手にする日が来ることを望んでいます。本作はTSUTAYAから宅配で借りられます


  DVD楽天     ブルーレイ楽天
 


0 件のコメント